コストパフォーマンスで選ぶなら、タダシップ

「今どきの海外製ED治療薬はどれも優秀。よってどの製品を選んでもOKです」というアドバイスがあります。
最初の部分は正に正解なのですが、後半の「どれを選んでも正しい」という部分は少し違っています。
同じED治療薬と呼ばれる製品でもブランドや商品名によって効果が変わります。
少しの違いであれば、前もって比較検討する必要はありません。
しかし実際問題としてバイアクラ系統の医薬品とシアリス系統の医薬品には、大きな差が存在します。
個人輸入代行サイトによっては、詳しい効果と比較方法が掲載されているので、それを参考にして商品をチェックしてみましょう。
また近頃ではバイアクラやレビトラ以外にタダシップというお薬が人気になっています。
持続力を期待する方々は、即効型のバイアクラやレビトラよりも、シアリス・ジェネリックを中心に商品を検索した方が良いでしょう。
先発薬であるシアリスをそのまま買うという選択肢もありますが、オリジナル版の製品は少々コストが高めです。
家計に余裕があれば先発薬であるシアリスでもOKでしょう。
しかし少しでもお薬代を節約したい方々は後発医薬品であるタダシップが役立ちます。
大手の個人輸入代行サイトには、先発薬シアリスとそのジェネリック薬が、両方きちんと並んでいるので自分の懐具合と相談して欲しいものを探しましょう。
また、ジェネリック薬はよく誤解される商品です。
オリジナル版のB級品、訳あり商品ではないか、と誤解される方々がいますが、それは勘違いになります。
先発薬シアリスとジェネリック薬タダシップの間に、お薬としての上下はありません。
なんと言っても主成分と医薬品の効果が同等なので、どちらが上・下という考え方は出来ません。
製造メーカーや化合物、微妙な添加物といった違いがあるものの、医薬品としての作用に影響が出るレベルの差異は存在しないので大丈夫です。
シアリスとタダシップ、どちらを買うか迷っているなら価格面で決めてみましょう。
当然コストパフォーマンスが高いのはジェネリック薬になります。
提供してくれる個人輸入代行サイトによって、具体的な単価が変わりますが、およそ3分の1程度のコストで、ジェネリック薬は調達可能です。
ED治療薬は風邪薬や胃腸薬のように1回使ってハイ終わり、という製品ではありません。
言わばサプリメントや栄養ドリンクのように、男性のライフスタイルを支えてくれる、日常的なアイテムです。
ランニング・コストは安い方が良いに決まっています。
製造国や製造メーカーなどに特に強いこだわりが無ければ、シアリスよりも単価が安いタダシップを優先的に検討すべきです。
このED治療薬はジェネリック特有の個人差やムラが少ない、という個人的な意見も多く、優秀なお薬として評価されています。
シアリス・ジェネリックはバイアクラやレビトラのような即効パワーこそありませんが、服用後、最長で36時間、平均値でも24時間から30時間の効果が望めます。